印刷でゴールドが表現出来ない事を伝える場合

印刷で良くあるトラブルがメタリックの表現について。
基本的にCMYKではゴールドやシルバーの表現は出来ません。
どうしても表現したい場合はグラデーションを使い、メタリック調にするしかありません。
ゴールドならば茶色のグラデーションを使う事になりますね。

その方法でメタリックを表現する場合は事前に説明しますが、意外と理解してもらえずにトラブルになります。
クレーム内容は「ゴールドっぽくグラデーションになっていが、これはゴールドではない」と言った内容です。

こちらからすると事前に説明したはずなので納得してもらいたい所ですが、仕事を請け負う場合に下記を丁寧に何度も伝えるしかないでしょう。

印刷ではゴールドを表現できない。
単色で表現する場合は茶色一色になる。
グラデーションを使う場合も配色は茶色。

といった内容を説明し、私は特に茶色というキーボードを強調しています。
それでも理解していただけない場合があるので、口頭だけではなく、注意書きとして書面としても渡します。
印刷レイアウトの中に書いてしまえば嫌味な感はがしないと思います。
こういった内容で言った言わないで揉めるのは、お互い不満が残ってしまいすからね。
印刷ではメタリック色の依頼があった場合は注意しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました