リコー初のガーメントプリンター「RICOH Ri 100」を使ってみた

リコーから発売されたガーメントプリンターを使ってみました。

感想は「画質はそこそこだけど、作業時間がかかりすぎる」と感じました。

作業手順は

1.印刷データをパソコンのソフト取り込む

2.Tシャツの印刷位置にマーキング。フリクションペンを使っていた。

3.印刷用カセットにTシャツをセット

4.シワ延ばしプレス30秒

5.Tシャツに印刷開始

6.印刷後は仕上げプレスを3分して完成

ワンオペで作業したとして、1時間にA4を6面程度の生産効率との話でした。
8時間作業しても48面・・・生産枚数が少ないため、印刷専門の業者が導入するにはキビシイですね。

プリンターとプレス機の合計が40万円未満と手頃なので、写真店や洋服屋などが導入して
「簡易印刷サービスを売りにする」
といったビジネスモデルにはには向いているでしょう。

RICOH Ri 100のポイントをざっくり書くと

●印刷はA4サイズが最大

●1面の印刷工程は10分程度

●シワ延ばしプレス30秒、仕上げプレスは3分

●印刷可能な生地の厚さは4mm以下。Tシャツや薄手のエコバック、パイル地の薄手のトレーナーに印刷可能。

●パーカーはフードがあるため、印刷用カセットに設置できない可能性がある。

●綿100%、混合綿50%以上に印刷可能。

●標準の印刷モードではコントラストは弱め。若干コントラストを上げて印刷するとちょうどいい。

●濃色生地には印刷不可。※印刷は出来ても色が沈んでしまう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました