ヘッドライトの10年間の黄ばみを磨いてみた

ヘッドライトが黄ばみまくっていて、夜間のライトが暗くなってしまいました。

そこで、

「SOFT99のヘッドライトリフレッシュ」

という商品を使い磨いてみることにしました。

セット内容はこんな感じです。
液体2本(磨き用とコーティング用)とスポンジとタオル。

施工方法は簡単です。

1.磨き用の液体を使って、タオルでひたすら磨く。

2.コーティング用液体を使い、スポンジで仕上げる

という流れです。

こちらが実際の黄ばみを取った画像です。

上の画像のヘッドライトを黄色すぎると思われた人もいるでしょう。
でも、特に画像加工はしていません。
10年間の黄ばみは半端じゃないです(笑)

片側のライトを15分かけて磨きました。
両方で30分程度の磨きに、コーティング作業10分程度で、合計40分の施工時間になりますね。

2つのヘッドライトに使った液体の量は1/2本程度です。
液体を全部使って、さらに時間をかけて磨くともっと白くなりそうです。

ただ、これ以上白くするには根気も必要ですし、作業に対するコスパが悪いと思って切り上げました。
1年くらい経過すると黄色くなってくると思うので、その時に再度作業したいと思います。

関連ページ

LIGHT ONE(ライトワン)|車外パーツ コーティング|洗車|商品情報|ソフト99
ソフト99コーポレーションの洗車 車外パーツ コーティング。『LIGHT ONE(ライトワン)』の商品情報をご覧いただけます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました